“Ума Турман”とは…


前回紹介しました、“Ума Турман” (UMA2RMAN)

続編です。


まず、

“Ума Турман” (UMA2RMAN)

英字表記だと見覚えのある単語ではありませんか?




…そう、

ウーマ・トゥールマンは、
英語に直すと、

世界的人気女優、「Uma Thurman」ユマ・サーマンなんです。


ウマ・トゥールマンのメイン・ボーカルをつとめるヴォーヴァさんは、
ユマ・サーマンの大ファン!

そこで、
ユニット名もそのまま、彼女の名前(のロシア表記)にしちゃったそうなんです。



そして、
前回紹介した、

“Ума Турман”(ウマ・トゥールマン)の「Ума Турман」(ウマ・トゥールマン)って曲は、

“Ума Турман”(ウマ・トゥールマン)のバンドの紹介曲!ってわけではなく、
「Uma Thurman」ユマ・サーマンを慕ったヴォーヴァさんの恋の歌なんです♪



それは、
同じく前回リンクした、
“Ума Турман”(ウマ・トゥールマン)のPVを観るとよくわかります!


と、
いうことで、PVをもう一度どうぞ!(ユマ・サーマンがチラ出演していますよ♪)


ストーリーは…

ユマ・サーマンに手紙を出したウマ・トゥールマン。
「4月20日にロシアに行くわ!」
と返事が来ました。

ふたりはあわてて服を買いに…
一張羅を勧める店員さんだが、安いカジュアルな服をチョイス。

次は花。
ゴージャスな花束を勧められるも、ふたりは貧相なツボミの花を。

そして、お出迎え用車を…
コチラでも、なぜかバイクをチョイス。

準備は万端!

そして、友達にユマとの会話(…妄想)を自慢げに話すヴォーヴァ。
「タランティーノ監督ったら私の体をねらってるのよ!」って愚痴ってたよー。
とか、
「ヴォーヴァ、あなたが来てくれて嬉しいわ〜」って言われちゃった☆
とか、、、、、

そして、いざ空港へ!
しかし、
バイクはエンスト!

そうこうしているうちに飛行機に追い越されてしまい…


ってな風になんだか憎めない演出です。(きっと…)



歌詞も、ユマ・サーマンを慕った妄想たっぷりな内容です★

ってことで、
歌詞の1番をフリガナ&おおよその訳で再度ご紹介!


----------------------------------(赤字がフリガナです。)----------------------------------

Я смотрю на тебя, в телевизоре ты, А я на диване,
ヤー スマートゥリュー ナー チビャー、ティリヴィザリェ トゥィ、ア ヤー ナ ジヴァーニェ
(僕は君をテレビで観た。僕はソファに居た。)

В городе N дожди.
ヴ ゴーラジ エヌ ダジディ
(“N”の街は雨、)…“N”の街とは彼らの出身地「ニジニ・ノヴゴロド」のこと。

Замыкание, бах, и встали трамваи,
ザムィカーニーエー、バーフイ フスターリ トゥランヴァーイ
(バン!とショートして停電、路面電車は停まった。)

Травма черепно-мозговая, моя любовь
トゥラーフマ チリープナ マースカヴァーヤー、マーヤー リュボーヴィ
(僕の脳みそも大爆発!…君は僕の恋人だぁー!)



Вот бабла накоплю, И к тебе доплыву, долечу, доеду.
ヴォ バブラ ナカプリュ、イ ク チベ ダプルィヴ、ダリチュ ダィエードゥ
(お金集めて今行くよ! なんなら泳いで、飛んでそっちに行くから!)

Рядом с тобой поселюсь, Ты будешь рада такому соседу.
リャダム ス タボイ パスィリュースィ、トィ ブヂェシ ラーダ タコーム サスィェードゥ
(君の隣には僕が必要でしょ!?)

Мы из России, народ простой, Я тебе сразу скажу: "Здорово".
ムィ イズ ラッスィー、ナロードゥ プラストーイ、ヤ チビ スラーズ スカージュ ズダローヴァ
(僕はただ単なるロシア人だ、「ヘィ カノジョ〜!」って言うから。)

А ты улыбнёшься и скажешь мне - “Я так ждала тебя, Вова…”
ア トィ ウルィブニョーシャ イ スカジェーシ ムニェ、「ヤー ターク ジダーラ チビャー、ヴォーヴァ」
(そしたら、君は笑顔で僕にこう言うさ、「あなたを待ってたのよ…ヴォーヴァ」)

《Ума Турман》
ウ〜マ トゥ〜ルマーン
(ユ〜マ・サ〜マーン)





「男って単純ね〜〜」

って言葉が似合う歌詞です♪
[PR]