カプースチン:不協和音の連続でホンキートンク風なピアノ曲


きょうは、

《前回》も紹介しました、
クラシックとジャズを融合させた曲を作る、ウクライナの作曲家、

《Николай Капустин “ニコライ・カプースチン”》

の曲です。



今回ご紹介するのは、1992年の作品、

“FIVE ETUDES IN DIFFERENT INTERVALS” (異なる音程による5つの練習曲)の、第1番です。



ほぼ、ひらすら短2度(増1度・半音)和音が連続するフレーズで、
最初は違和感を感じるかもしれません。

しかし、
愉快なメロディーラインと、ラグタイム風な軽快なバッキングに乗せたこの曲は、
どこいらかの場末のバーで、
ホンキートンクなピアノを奏でているような…

そんな感覚に酔いしれてきますよ~♪



演奏は、
超絶技巧ピアニスト、マルカンドレ・アムラン(Marc-Andre Hamelin)さんです。




サラ~ッと弾いてらっしゃいますが、
かなり特殊なコツを習得しないと弾けない難曲です!!!
[PR]