<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0080915_22433191.jpg
本日で、
ヤマ☆ネコ的に長年勤めた派遣先を辞めました。


何かとルーズなヤマ☆ネコですが、
たくさんの人に良くしていただいたおかげで、
こんなに長く居させてもらえましたm(__)m

迷惑もいっぱい掛けちゃいましたし…f-_-)


個性豊かな人が集まる、
とってもステキな職場でした♪


そして、
こんなにたくさんのプレゼントをいただき、
まさか!だったので、ホント感激です☆

ブッチャケ、
帰り道なんだか急に寂しくなってしまい、
家帰るのにずいぶん時間掛かっちゃいました…f^_^)



○○○ー○の皆々様!
この場を借りて、

本当にありがとうございました!!
[PR]
by mountain-deer | 2007-02-28 23:03 | 雑記…
a0080915_1502166.jpg
今日は近所のスーパーで、
夜、
半額になっていたので、
お寿司を買いました。

でも、
このお寿司、
チョイト、スタイルが良すぎ(悪すぎ…?)やしませんか??

なんて〜か、
小さなお顔(エビちゃん)に、長〜い(デカ〜い)足(シャリ)。


〜真横から〜
a0080915_1585818.jpg

スーパーのお寿司とはいえ、
ここまで、逆転したお寿司見たのはじめて〜☆

圧巻です!!
[PR]
by mountain-deer | 2007-02-27 02:17 | 雑記…
a0080915_0151415.jpg
ヤマ☆ネコが、
始めて身近に猫と出会ったのは、
確か小学校2年生くらいの秋でした。

兄貴が子猫を持って帰って来たんです。
白メインの三毛猫でした。

チッチャくてカワイくて…

でも、
親に家の中までは入れさせてもらえなくて、
玄関入った土間の段ボールの中で一緒に夜まで戯れてました。


もう寝る時間になって、
ヤマ☆ネコが寝床につくと、
「ミャーミャー」
と、
夜中中泣いていました。

ヤマ☆ネコ、
気になって気になって…、
子猫を見に行っちゃ〜⇔布団に入り…
を、
繰り返した夜でした。


次の日は、
町民運動会。

その日は、
運動会に出ずに、朝からみんながかえってくる夕方近くまで、
こっそりウチん中に入れて猫と遊んでました。

もう、
すっかり子猫に情が湧いちゃって、親に飼うことをせがみました。

しかし、
親はあまり動物には関心がなく、
そして、
飽きっぽいヤマ☆ネコの性格を把握しているため、
飼うことを許してはもらえませんでした。


夕方、
ついに兄貴が子猫を返しに行くことになってしまいました。

悲しくて、
半ベソかいてたヤマ☆ネコは、
ベソッ面を見られたくなくて、庭に逃げてしましました。

兄貴は、
「(子猫を)見なくてイイんか〜?」
って、玄関先から声掛けてくれたけど、
あまりに辛くて、
「いい」
と、
精一杯の平静を装った声で、
最後の別れを拒んでしまいました。





あれから、
もう20年は経って、
あの猫は普通に考えて、
もうこの世にはいないけど、
いまだ思い出すと、
(いろんなカタチで)動物を大切にしなきゃと、改めて思い返してくれる恩猫として、
常に、
ヤマ☆ネコ脳裏に焼き付いています。
[PR]
by mountain-deer | 2007-02-13 00:31 | 雑記…
a0080915_1171662.jpg
リーヴ・シュレイバー監督の、
『僕の大事なコレクション』(2005年製作)。

なんでもコレクションにしちゃう、
ユダヤ系アメリカ人のジョナサン(イライジャ・ウッド)が、
祖母から手渡された写真に写る、
祖父の恩人と云う人に会いに行くため、
遥々、
ウクライナまで旅立ち、
現地案内人と共に、その恩人を探すという、
ロード・ムービー。


その現地案内人は…

アメリカかぶれのマイケル・ジャクソン好きな青年のアレックス。
戦争の心的後遺症で、飼い犬にしか心開かない自称盲目の爺様。
それと、
爺様の(一応)盲導犬役をする、気性の荒い雑種犬サミー・デイビス・Jr.Jr。


映画前半は、
この、ジョナサンと案内人(+ワンコ)のやり取りが、
メチャ笑えます!

案内人の2人+1匹がとってもオチャメ☆

そして、
物語は後半に向かうにしたがって、
戦争、民族問題の悲しい過去と向き合う、
どんどん重い内容となってきます…



今日は、
この映画の音楽について♪

舞台がウクライナなだけに、
音楽は、
アコーディオン、ヴァイオリン、オーボエを基調とした、
とても軽快な、
だけども、ちょっぴりメランコリックな、
スラブ風な民族サウンド。

前半の楽しい部分は、
終始このスラビック・サウンドに包まれてます!


ヤマ☆ネコ、
あまりに気に入ってしまったため、
サウンドトラックを購入♪

日本版は発売されてなかったので、
アマゾンにて購入いたしました!


今、ヤマ☆ネコ部屋は、
『僕の大事なコレクション』のスラビック・サウンドに包まれてます〜♪
[PR]
a0080915_1444561.jpg
まった〜り、ゆった〜り。

ヤマ☆ネコ的にですが、
こんなに何回も観ちゃう近年の邦画に出逢ったのは初めて☆


出演者も最高!!

サクッとしていて、あまり自分の感情を出さない「サチエ(小林聡美)」
チョイト感情的で、思った事は即行動しちゃう「ミドリ(片桐はいり)」
ドッシリ構えて、大人の落ち着きがある「マサコ(もたいまさこ)」

3人の個性が見事にマッチしていて、
ゆる〜い時間をうまく醸し出してます♪

マサコさんはさすが!
おいしいトコ、全部持ってくんだから〜(^o^)



忘れられないが…
サチエさんの、

「大丈夫」

…って、ひと言。

根拠は何もないけれども、
本当に「大丈夫」な気にさせてくれました。

おもいを抑えるマサコが、
自分自身に「大丈夫」って、
言い聞かせてるようにも見えました。



物語りの内容は、
是非生で観てください!

それぞれひとりだった人たちが、
それぞれの優しさで、助け合い、ひとつになっていく様が、
心和ませてくれます。


エンディングの井上陽水の曲も、
かもめ食堂の雰囲気に合っててイイ感じ♪


ヤマ☆ネコの好きな、
アキ・カウリスマキ監督の『浮き雲』のような雰囲気でした!
舞台がフィンランドなだけに余計にね☆
[PR]
by mountain-deer | 2007-02-07 02:37 | 映画