<   2007年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0080915_165409.jpg

a0080915_165416.jpg

今日は天気が愚図つき気味…


ということで、

ただいま喫茶店にお出掛け中。


そこは“GINZA BRAZIL”。

っても、
場所は浅草です。


木目調の壁に、ほのかな灯りが灯る居心地抜群な喫茶店です。

ウェイトレスの、
チャキチャキ江戸っ子オバちゃんもいい感じ♪

(ヤマ☆ネコ的には、香りにこだわりすぎる気取ったオジ様がコーヒーを入れる喫茶店はチョイト苦手…)


何より、
コーヒー \300-

ってのが魅力的!



ヤマ☆ネコは、
ソファ席で、カフェオーレ \350-

をオーダー。



やっぱり、
喫茶店は落ち着きますね~。
[PR]
by mountain-deer | 2007-12-29 16:53 | 喫茶、カフェ
a0080915_132568.jpg

ヤマ☆ネコ先日、
久しぶりに100円ショップにショッピング!


大型店舗だったもんで、端から端まで数時間かけて探索してしまいました。



そして、

今回の一押し商品は…


~やすらぎのネイチャーサウンドシリーズ~ Vol.3「湧水」
『泉のささやき』




月山山麓湧水群などの日本有数の水源地や清水にて収録
(CD裏表紙より)


ひたすら水のせせらぎやら、轟音、滴る音が収録されています♪




こういう癒し系CDって、
シンプルがいちばんですね!


お高いCD買うと、
せっかくの水や自然の音に、妙に癒しの優しい音楽がミックスされちゃったりして、
ゲンナリすることがあるんですが、

こちらの100均CDは、
録ってそのまま、自然の音のみ!


やっぱりこうでなくちゃです☆



今も聴いてますが、

…ンン~


ホッとします。
[PR]
by mountain-deer | 2007-12-21 01:32 | 音楽
a0080915_23395585.jpg

まるで、
素晴らしい絵画のような映画。
(ヴァターリー・カネフスキー監督)

映画の端から端まで、
当時の、
その町の様子、人々の表情をリアルに、
また、絵画的に映し出しだ映画です。


場所は、
旧ソ連の極東、炭坑と強制収容所の町、ス−チャン。

主人公は、
その町で暮らす少年、ワレルカ。

ヒロイン(?)は、少女、ガリーヤ。
彼女は、
いたずら好きで、おっちょこちょいなワレルカを、
いつも窮地から助けます。

(故に、最終的に取り返しのつかないことになってしまいます…。)


無邪気にじゃれ合う2人は、観ていて微笑ましい。

しかし、
時・所は、ス−チャン。

戦後で、厳しい生活を余儀無くされている人々は、
いつもせわしなく、苛々しています。

町の脱走を望み、若い兵士に性交渉を求める少女、
繁殖した子犬を溺死させる老婆、
戦争で気が狂い、砂泥を喰らう化学者、
強制労働中死亡した捕虜日本兵を吊るし、火葬する同僚達…などなど。

とにかく、
町は荒んだ様子。

しかし、
人は強いものです。

そんな中でも、
たくましく、活き活きと生きているように見えました。


この映画は、
無邪気で元気な子供たちと、
そんな町を、
キレイ事、一切なく描いています。

1989年作の映画ですが、
野暮なCG、オーバーな効果音など、
一切使っていないので、
まるで戦後のドキュメンタリー映像を観ているかと錯覚します。

なので、
大ブレイクした
「ALWAYS 三丁目の夕日」
のような人工ノスタルジックさは、全くありません。


リアルな美しさが観られる、数少ない名作だと思います。
[PR]