<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧


旧ソ連の有名コメディーSF(?)映画、

『不思議惑星キン・ザ・ザ』“Кин-дза-дза!”


日本でも、
マニアの間ではメジャー級の映画に入るのでは??



今回は、
映画の冒頭と終極にチラッと映し出される(おじさんがテレビをつけると映っている)
映像です。



そして曲名は(きっと)、
“Мама, мама, что мы будем делать?”
(訳:ママ、ママ、どうすりゃいいの?)
です。


[PR]

日本のB級音楽の代表といっても過言ではない名曲ですね♪

ずいぶん前にTVで紹介されて大爆笑した記憶があります☆

歌詞がスゴいです。




五月みどりさんの『熟女B』


[PR]
by mountain-deer | 2010-01-26 23:44 | 音楽

前回紹介しました、Человек и Кошка 〜人間と猫〜


コチラに並んで、
ロシアン・メンズの音楽魂に火を灯す曲をご紹介します♪



“Песня О Настоящем Индейце”
(英訳:Song about the real Indian)


日本語で簡単に訳すと…

「インディアンの歌」

って感じでしょうか…?




ヤマ☆ネコお気に入りの、ノリノリ★スラヴィック・サウンドに、
ちょっぴりラテンな雰囲気を織り交ぜて、
気分も爽快になります♪







前回と今回のアーティストは、

『Ноль』(訳:ゼロ)

という、
ソ連時代から活躍する、
ロシアンロック・フォークのグループです。

a0080915_0373095.jpg


『Ноль』HP…文字化けする可能性あり。
↑↑↑
HP内の“НОТЫ ”ってところをクリックすると、
バヤン(ロシア式アコーディオン)と歌のスコアが見られますよ♪


現在『Ноль』は解散して、
バヤン&ボーカルの、Федор(フョードル)さん[写真左から2番目の人]が、
再びバンドを組んで活動しているようです。





“Песня О Настоящем Индейце” 歌詞


Настоящему индейцу надо только одного,
Да и этого не много, да почти что ничего.
Если ты, чувак, индеец, ты найдешь себе оттяг,
Настоящему индейцу завсегда везде ништяк.

Эх, трава-травушка, травушка-муравушка,
Эх, грибочки-ягодки, да цветочки-лютики,
Эх, берёзки-ёлочки, шишечки-иголочки,
Эх, да птички-уточки, прибаутки-шуточки.

Ну, а если наш индеец вдруг немного загрустит,
Он достанет папиросу и покурит, посидит.
Посидит, подумает, что-нибудь придумает,
Ну, а если грустно станет, так он песню запоёт.

Эх, трава-травушка, травушка-муравушка,
Эх, берёзки-ёлочки, шишечки-иголочки,
Эх, цветочки-лютики да грибочки-ягодки,
Эх, да птички-уточки, прибаутки-шуточки.

А под вечер все индейцы соберутся у стола,
Заколотят трубку мира - прояснится голова.
И про прерии простор поведут свой разговор:
"Где ж вы, кони, наши кони, что несут во весь опор?"

Эх, трава-травушка, травушка-муравушка,
Эх, берёзки-ёлочки, шишечки-иголочки,
Эх, грибочки-ягодки да цветочки-лютики,
Эх, да птички-уточки, прибаутки-шуточки.
[PR]

ロシアン・メンズのハートを、
いつまでもつかみ続ける名曲です!


ロシア語がわからずとも、
物憂く、少々ヤサグレた曲調が、
この“人間と猫”のストーリーを代弁してくれています。


Человек и Кошка 〜人間と猫〜



Человек и кошка плачут у окошка,
Серый дождик каплет прямо на стекло.
К человеку с кошкой едет неотложка -
Человеку бедному мозг больной свело.

Доктор едет-едет сквозь снежную равнину,
Порошок целебный людям он везёт.
Человек и кошка порошок тот примут,
И печаль отступит, и тоска пройдёт.

Человек и кошка дни с трудом считают,
Вместо неба синего - серый потолок.
Человек и кошка по ночам летают,
Только сон не вещий - крыльев не даёт.

Доктор едет-едет сквозь снежную равнину,
Его машину белую вся округа ждёт.
Человека с кошкой хорошенько двинет,
И печаль отступит, и тоска пройдёт.

Где ты, где ты, где ты - белая карета?
В стенах туалета человек кричит.
Но не слышат стены, трубы словно вены
И сливной бачок, как сердце бешено стучит.

Доктор едет-едет сквозь снежную равнину,
Порошок целебный людям он везёт.
Человек и кошка порошок тот примут,
И печаль отступит, и тоска пройдёт.
[PR]

ショートムービーのようです。

お暇つぶしにどうぞ!(…音量にご注意を)



[PR]
by mountain-deer | 2010-01-19 00:47 | 映画

きょうは、
ロシアン楽器と打楽器によるステキな演奏をどうぞ♪




楽器は、左より、

ドムラ・ドムラ・バラライカ(中サイズ)・バヤン(ロシア式アコーディオン)

です。





気に入っていただけましたら、
↓もどうぞ♪

“Cowboy”…バヤンが快速です☆
“Chardash”…ヴィットーリオ・モンティの名曲です★
[PR]

1983年のアーラ様の歌、

“Бумажный змей”(訳:凧<タコ>)





んん〜〜…??


プロデューサーさん、
…ヤマ☆ネコには、こうなった意図がわかりません…(笑)。
[PR]
a0080915_21422932.gif


きたる、
1月16・17日の土日…

“IID 世田谷ものづくり学校”にて、

『アルパカフェスタ』

なるものが、開催されます!



愛アルパカ家なアーティストが集い、いろいろな催しものが行われるそうです。


どんなフェスタなんでしょ??
ヤマ☆ネコ、
いまいち開催中のイメージがわいてきません…(笑)


…が、
なんだか気になるフェスタです!!




===================================================================




そしてその一コマに、
ヤマ☆ネコもチョイ参加することになりました!


ミュージシャン“高木洋一郎”さんのアルパカライブのピアノのお手伝いに参ります♪

高木さんは、
作詞・作曲・編曲と、マルチにこなす凄腕ミュージシャンで、
シンガーソングライターにとどまらす、
ジャニーズの内博貴さんなど、
有名シンガーにも楽曲提供をされているそうです♪


一日2ステージずつで、
ヤマ☆ネコはそれぞれの日の1ステージ(おそらく夕方の部)を担当させていただきます♪



『アルパカフェスタ』HPに、各イベントのタイムスケジュールも載っていますので、

高木洋一郎さんのステキな歌が聴きたいかた…
アルパカが気になるかた…

ぜひ!
遊びにいらしてくださいませ☆

(アルパカライブは、予約制らしいです。)
[PR]
by mountain-deer | 2010-01-05 22:23 | 音楽

2010年もヤマ☆ネコブログを、
何卒、ごひいきに!







今年最初は、
ちょいと真面目なお話を…。


ヤマ☆ネコ出身の地は、
三重県は鈴鹿市

そして、
鈴鹿市+ロシア…
で、忘れてはならないのが、“大黒屋光太夫”です!


ずいぶん昔の放送ですが、
わかりやすい解説がされ、
尚かつ、
あまりオープンにしていなかった1985年当時のソ連(特にシベリア・極東地方)の街やライフスタイルまでも垣間見れる、
すばらしい番組がありましたので、
気になりましたら是非、
↓のリンクからご覧ください!

“シベリア大紀行 1”

(↑1985年、椎名誠さんが大黒屋光太夫のたどった、あまりに険しい道のりを、
なぞるように旅します。
1〜24までありますが、見応えのある内容でした!)
[PR]
by mountain-deer | 2010-01-04 01:01 | おぉ、三重県