<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


ようやく出逢えました!


知人の話をきいて、ぜひともお会いしたかった彼に。



a0080915_22474746.jpg


“成人禁止対応リモコン”






絵にも描けないイノセント・ワールドが映し出されるのか??




大人なヤマ☆ネコ......

衝動を抑えきれず、、、、、押してみた!






TV:反応なし…






やっぱり、
大人にゃ観させてもらえなかった......






(でもね、良い子も押しちゃダメよ♡)


(京都の某ホテルにて。)
[PR]
by mountain-deer | 2010-09-27 23:06 | 雑記…

ロシアの西部、ウクライナの北部に位置する、

旧ソ連の国《ベラルーシ》



きょうは、
このベラルーシ共和国の加工肉会社 “ИНКО-ФУД” インカ・フード
のTVコマーシャルをお送りします。



ロシアぁ〜…といいますか、
ベラルシアぁ〜な雰囲気たっぷりなCMです♪


曲は、
ヤマ☆ネコブログで以前紹介しました、
ロシアン・キッズにはお馴染みの曲です♪→《原曲はコチラ♪》





そして、
今回はもひとつ…



こちらも以前紹介しました、

ロシアの人気女性歌手 “Юля Савичева”(ユーリヤ・サーヴィチェヴァ) さんの代表曲、
"Если в сердце живет любовь"
です♪→《原曲はコチラ♪》





こんな感じで、
ロシアやその近隣諸国で流行った曲を、

ベラルーシのユニット “Пиво вдвоём” (ピーバ・ドゥヴァヨーム)さん(←映像の2人)によるパロディーで宣伝しているようです♪

そして、
最後にお肉を食べる人は、
その曲に合った年代の人をチョイスしているようです。



なんだか、イイなぁ〜と思って載せました★
[PR]

ヤマ☆ネコ所属バンド、N'est-ce pas?=ネスパ=


9月26日(日)

京都は、Live House “nano”にて遠征ライヴします♪




以前対バンしました素敵な関西のバンド“no name”さんのお誘いで行って参ります!




“no name”さんは、
まるで激しく舞い飛ぶ蝶のようなパフォーマンスが魅力的な超テクニシャン・ドラムさんと、
冷静な中に情熱がほとばしるサックスさんのユニット。
そこに、
グルーヴィーな打ち込みで、観る者を no name の世界に間違いなく引き込んでしまう、
凄腕ユニットさんなんです!



これは見逃すわけにはいきません!!





ヤマ☆ネコブログをたまたま見ちゃった京都の方、関西の方......ラッキーです☆

ぜひ、
遊びにいらしてくださいませ♪



N'est-ce pas?=ネスパ=も張り切ってまいりますよ〜!






★ Live info ★

2010年9月26日(日)
Live House “nano”京都
18:00 open 18:30 start

no name/ N'est-ce pas? / AYAOTO-WORLD
adv.-1,500yen door-1,800yen
a0080915_0394810.jpg
〒604-0041 京都市中京区押小路通西洞院東入ル二条西洞院町632-3

[PR]

きょうは久々に、ロシア(ソ連)映画のご紹介です。

a0080915_1563238.jpg


以前、
今回紹介する映画のオープニング&挿入歌を載せました♪

 ↓↓↓
《コチラ♪ “Звенит январская вьюга”(吹きすさぶ1月のブリザード)》
 ↑↑↑





…と、
こんな曲からスタートする1973年のソ連コメディ映画、


“Иван Васильевич =меняет профессию=”(イヴァーン・ヴァシーリエヴィチ 〜Back to the Future〜)


です。



ロシア語、字幕なし…
ですので、あらすじ付き★

でも、
雰囲気や音楽で結構たのしめる映画かと思います!


本編:1/9
発明家のアレクサンドル(シューリク)は、モスクワのアパートでタイムマシーンを開発している。一仕事終えた、彼の妻であり女優のジーナが、突然家を出て行ってしまうがシューリクは一向に気にしない。



《本編:2/9》 …そこへ、アパート管理人のブンシャが家賃の取立てに現れる。するとシューリクは装置の鍵を回し、壁が消え去る。隣人シパークの部屋には盗人ジョールジュ・ミロスラーフスキイが潜んでいた。

《本編:3/9》 …シューリクが正面玄関を開けると、そこは16世紀のモスクワになっている。驚きのあまりヨアーン雷帝は現代に飛ばされ、ブンシャとミロスラーフスキイは過去に取り残されるがタイムマシーンが壊れてしまう。

《本編:4/9》…ヨアーン雷帝は現代の部屋でおっかなびっくり、テレコから流れる《ヴィソーツキィの歌》にも感涙してしまう。16世紀側ではブンシャを親兵たちはヨアーン雷帝と取り違える。

《本編:5/9》…現代では映画監督のヤーキンがジーナを見限る。→

《本編:6/9》…→そのためにヨアーン雷帝がヤーキンを殺そうとするが、ジーナが助ける。16世紀ではミロスラーフスキイはスウェーデン大使にケミを割譲する。→

《本編:7/9》…→豪勢な食事を振る舞われブンシャは酔っ払う。現代ではヨアーン雷帝とトラブルになった隣人が警察を呼んでしまう。

《本編:8/9》…16世紀では宴が続く(ここで歌われた挿入歌“Разговор со счастьем”は、今でもロシアで歌われる人気の曲となる。…後日書きます♪)
その後城に兵士が乗り込み二人に危機が迫るがタイムマシンが治り現代に戻れる。しかし、警察が駆けつけヨアーン雷帝は捕まってしまう。

《本編:9/9》…ヨアーン雷帝は正気ではないのではと病院に連行されそうになるが、警察が盗人ミロスラーフスキイに気づき標的はミロスラーフスキイに移る。その隙にヨアーン雷帝はシューリクの部屋に戻りタイムマシンで16世紀に帰ろうとするが......





されげない笑いも満載☆ですのでお時間あるときにでも、ご覧ください!

ちなみに、
音楽担当はАлександр Зацепин(アレクサンドル・ザツェーピン)さんです♪
[PR]

ヤマ☆ネコも衝撃を受けた、
ソ連の歌手・詩人“Владимир Высоцкий”(ヴラジーミル・ヴィソーツキー)さん。


今回で第5弾になります。




ということで、
今回はヤマ☆ネコが最初にビビッときてしまったカッコイイ曲、


“Я уехал в Магадан” ヤー・ウィエーハル・フ・マガダン(俺は*マガダンに行ったぜ)


を、ご紹介!



アコースティック・ギターもカッコイイ♪




↑上のバージョンは何年に録音されたのかはわかりませんが、

1972年の弾き語りバージョンもどうぞ!
 ↓↓↓
《コチラ♪》
 ↑↑↑
こっちも、良い〜〜☆




*マガダン“Магадан”:ロシア極東の港町。元々は強制収容所の町であり、モスクワから数千キロも離れ、鉄道も走っていない僻地。
当時、
「マガダンに行った」
ということが、バカンスに行ったってことではないのは推測できます。





----------------------------------以前紹介したヴィソーツキィ----------------------------------

“Марафон” マラソン

“Утренняя гимнастика” 朝の体操

“Охота на волков” オオカミ狩り

“Москва−Одесса” モスクワ−オデッサ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
[PR]

あと半月で日本はタバコがドドンと値上げ!


喫煙者には厳しいけれど、
倒れそうな日本をどうにかしないと…仕方がないか、、、。





と、
値上げに対するアンチテーゼってわけではありませんが…
きょうのロシアンソングは、



Гарик Сукачёв(ガーリク・スカチョフ)さんの名曲、

“Моя бабушка курит трубку” マヤー・バーブシカ・クリートゥ・トゥループク
(俺のばぁちゃんは葉巻を吸うぜ!)

です♪



ある意味、ロシアっぽいノリノリな名曲です★

やされぐれた感じがイイですね〜。




原版は→《コチラ♪》
原版はミディアム・テンポですが、これまたイイ味です♪



ロシアじゃだいぶ人気な曲のようで、
Liveだと、そうとう盛り上がります!
 
 ↓↓↓
《Live版はコチラ♪》
 ↑↑↑

人気グループ"Неприкасаемые"を交えてステージも客席もノリノリです★
[PR]

ロシアで知らない人はそうそう居ないであろう、

国民的(?)歌手、


Земфира (ゼムフィーラ)




彼女は、
幼少期の病のせいで、今も左耳の聴力が芳しくないという。

しかし、
そんなハンディを感じさせない、
独特の歌声。

…柔らかくもキレがあり、しかし灰汁のない声に、
多くの人々が虜になってしまいました♪





“Мальчик” マールィチク(少年)




=歌詞=

Мальчик бежит по дороге
Сшибая столбы
Непослушные ноги
Ему говорят
Мы тебя приведем
Но ни шагу назад
Мальчик
Желает быть богом
Но это так трудно и грустно
И так одиноко
Он мне говорил это пьяный
Глядя в глаза

Денег - ноль
Секса - ноль
Музыка сдохла
Мальчик - ноль

Денег - ноль
Секса - ноль
Музыка сдохла

Мальчик забыл по дороге
Зачем он бежал
Но бежал
Возмужал
А еще отрастил себе жало
И стало бежать тяжелей

Мимо дождей
Фонарей
Мимо снов и бессоннниц
Быстрее
Чтобы не опоздать и запомниться
Жадно глотая улыбки людей

Денег - ноль
Секса - ноль
Музыка сдохла
Мальчик - ноль

Денег - ноль
Секс...
Музыка сдохла

Денег!..

Мальчик - ноль.
[PR]

きょうのロシアンソングは…




ウクライナの歌手、

Анастасия Приходько(アナスタスィーヤ・プリホーディコ)さんで、


“ Всё за тебя” フショー・ザ・チビャー(いつもあなたのために)です。(2007年)



ちょっぴり早いけど、
冬のラブ・バラードでございます。


太くて少し鼻に掛かった声が印象的です。
ヤマ☆ネコ、
こういう声も好きです♪



…最近、ロシア周辺諸国(旧ソ連領)のものが多いな〜〜




↓歌詞↓

Всё как всегда, всё хорошо
Как мы хотели, по расписанию
Просто Январь, просто пришёл
Снегом засыпал всё к расставанию

Может быть год, может быть два
Мне календарь твой правду расскажет
Я же до дна, - ты лишь едва
Что-то случилось с нами однажды


Где я не буду тихо любя
Счастья минута - всё за тебя,
Всё за тебя!




Белые дни, сводят с ума
Я нарисую две параллели
Гаснут огни и я сама
Двери открою первой метели

★〜☆
★〜☆
[PR]

大学のサークル?

学園祭の余興??



ウクライナ(か、ロシア…?)の映像です♪


日本語バージンの“百万本のバラ”と、芸者ダンスです★



日本語上手いですね〜!

日本語を専攻しているのかな?


後ろの「芸者ダンサーズ」…

…ん〜、、、
やっぱり何処とな〜く中国ですf^_^)


扇子、ピラピラし過ぎっす…笑。
[PR]
きょうのロシアンソングは、

「歌謡曲」という言葉がピッタリの、

切ないメロ・ロシアン・ソング…





Лейся, песня(リェイスャ・ピェスニャ)さんで、

“Где же ты была?” グヂェ・ジェ・トゥィ・ブィラー(あなたは いったいどこに居るの?)です。



やはり、
美しいメロディーが魅力的♪



Лейся, песня(リェイスャ・ピェスニャ)さんは、
以前のヤマ☆ネコブログにも登場しております!
 ↓↓↓
《コチラ♪》






★オマケ★
恒例!?カバー・バージョンです。


《ジーマ・ビランさんバージョン》…ヤマ☆ネコブログにもチョクチョク登場しているジーマさん。ロシアで大人気のR&B歌手です♪

《グループ“NEW Самоцветы”バージン》…ロシアの人気歌手4人によるユニットです。アレンジが、ロシアのポップス感たっぷりです☆



そして、

この曲を使ったコントです☆→《コチラ♪》
(ロシア語ですが、雰囲気できっと楽しめます★ かなり激しく観客に絡んじゃいます…f^_^)





↓歌詞↓

Лишь позавчера нас судьба свела,
А до этих пор где же ты была?
Разве ты прийти раньше не могла,
Где же ты была, ну где же ты была?

Сколько раз цвела летняя заря,
Сколько раз весна приходила зря.
В звёздах за окном плыли вечера,
А пришла ты лишь позавчера.

Сколько дней потеряно,
Их вернуть нельзя, их вернуть нельзя.
Падала листва и метель мела,
Где же ты была?



Пусть я твоего имени не знал,
Но тебя я звал, днём и ночью звал.
И опять меня обступала мгла.
Где же ты была, ну где же ты была?

Трудно рассказать, как до этих дней
Жил на свете я без любви твоей.
С кем то проводил дни и вечера,
А нашёл тебя позавчера.

Сколько дней потеряно,
Их вернуть нельзя, их вернуть нельзя.
Падала листва и метель мела,
Где же ты была?



Падала листва и метель мела,
Где же ты была?

Сколько дней потеряно,
Их вернуть нельзя, их вернуть нельзя.
Падала листва и метель мела,
Где же ты была?
[PR]