<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

きょうのロシアンソングは、

ハッピー・ソングです♪



“Лучший город Земли” ルーチシー・ゴーラトゥ・ズィムリー

です。(1966年)


ザックリわかりやすく和題に直すと『モスクワ、最高!!!』

って歌です♪


歌うは、Жан Татлян(ジャン・タトゥリャン)さんで、
古き良きソ連の街並と共にどうぞ!



社会主義国の都会って、
おおよそこんな街並ですよね。

雑多さがなくて、ヤマ☆ネコ、好きです!



では、
カバー・バージョンもどうぞ♪

《ティーシュマンさんバージョン》…みんなノリノリで踊りだします♪

《Группа Стиляги Бэнд バージョン》…美人ヴォーカリストを引き連れたロック・バンドです♪(とっても聴きやすい音質です。)





=歌詞=

Ты никогда не бывал в нашем городе светлом,
Над вечерней рекой не мечтал до зари,
С друзьями ты не бродил по широким проспектам,
Значит, ты не видал лучший город Земли!


Песня плывёт,
Сердце поёт -
Эти слова
О тебе, Москва!



Ты к нам в Москву приезжай и пройдись по Арбату,
Окунись на Тверском в шум зелёных аллей.
Хотя бы раз посмотри, как танцуют девчата
На ладонях больших голубых площадей!

★〜☆


Слова ты вспомнишь мои, если только приедешь
И увидишь хоть раз лучший город Земли!

Песня плывёт,
Сердце поёт -
Эти слова
О тебе, Москва!
Москва!
Москва!
[PR]

きょうのロシアンソングは、



「Наутилус Помпилиус」の

“Гудбай, Америка”(Good-bye America)

です。


全体的に不安定〜な感じが、
なぜか心地良い♪



な〜んか、どこか不思議な曲です。



=歌詞=

Когда умолкнут все песни,
Которых я не знаю,
В терпком воздухе крикнет
Последний мой бумажный пароход.

Гудбай Америка, ооо,
Где я не был никогда.
Прощай навсегда.
Возьми банджо,
Сыграй мне на прощанье.

Ла-ла-ла-ла-ла
Ла-ла-ла-ла-ла


Мне стали слишком малы
Твои тертые джинсы.
Нас так долго учили
Любить твои запретные плоды.

Гудбай Америка, ооо,
Где я не буду никогда.
Услышу ли песню,
Которую запомню навсегда.

Ла-ла-ла-ла-ла
Ла-ла-ла-ла-ла
[PR]
きょうのロシアンソングは、
1987年頃の歌で、

“Четыре чёрненьких чертёнка” チティーリェ・チョールニェニキフ・チルチョンカ(4匹の黒い小悪魔)

です。



猛烈に早口なロシア語と、
強烈に簡素なアレンジが素敵です♪




この曲を歌えれば、どんなロシアンソングも歌いこなせそうです!


でも、
ロシアの映画やらニュースを観ると、
皆これくらいのテンポで話しているから、
これが、フツーなのかもしれないですね…!




今回のカバー・バージョンは、

ロシアの小悪魔(?)グループ “Тутси” です♪
 ↓↓↓
《コチラ♪》



=歌詞=

Ни на мгновенье годы детства не вернутся,
Но вспоминается как много лет назад,
Однажды мне пропели песенку смешную
Про четырех чумазых чёрненьких чертят.
Уже ни как не назову себя ребёнком,
Но станет весело, едва произнесёшь:

Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.
Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.

(Чёрными чернилами чертёж.)
(Чёрными чернилами чертёж.)


Давно студенческие годы за плечами,
И та нелёгкая зачётная пора,
Когда над первыми своими чертежами
Мне предстояло потрудиться до утра.
Но на свидание бежала я, девчонка,
По спящим улицам бродили мы и что ж?

Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.
Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.

(Чёрными чернилами чертёж.)
(Чёрными чернилами чертёж.)


Опять из дома позвала меня дорога,
И хоть такое расставанье не впервой,
Но ухожу я из родимого порога
С неясной грустью, с непонятною тоской.
Но песня детства по пятам летит в догонку,
И ты уже весёлым голосом поёшь:

Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.
Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж.

(Чёрными чернилами чертёж.)
(Чёрными чернилами чертёж.)



★追記☆

サビ(?)部分の

“Четыре чёрненьких чумазеньких чертёнка
Чертили чёрными чернилами чертёж. ”


読み↓
「チティーリェ・チョールニェンキフ・チュマージェンキフ・チルチョンカ・
チルティーリ・チョールヌィミ・チルニーラミ・チルチョーシ」

…は、
ロシアの早口言葉だそうです。


レベル高すぎます...!!!
[PR]

きょうのロシアンソングは、


以前紹介しました、
“Песня Про Зайцев” ピェスニャー・プラザィツェフ(ウサギの歌)


でもお馴染みのソ連映画、
「Бриллиантовая Рука」(英題:The Diamond Arm)


の挿入歌第2弾!




Аида Ведищева(アイーダ・ヴィヂーッシェヴァ)さんで、

“Помоги мне” パマギー・ムニェー(あたしを助けて)

です。

なやましい〜官能的なタンゴです♪



この映像は「Бриллиантовая Рука」を結構忠実に再現しているかのような仕上がりですが、
何の映像でしょう?


実物は→《こんな感じ♪》←です!

(最後の3:50〜の、
“Не виноватая я!(ニ ヴィナヴァータヤ ヤー!)”「私悪くないも〜ん!」
って、
言いながら踊り狂いながら締めるのが、香ばしい〜:))





そして、
カバー・バージョンは、
ウクライナの Вера Варламова さんです!



音質が良くないのが残念ですが、
めちゃカッコイイです☆



=歌詞=

Слова любви вы говорили мне
В городе каменном,
А фонари с глазами жёлтыми
Нас вели сквозь туман.
Любить я раньше не умела так
Огненно, пламенно -
В душе моей неосторожно вы
Разбудили вулкан.


Помоги мне,
Помоги мне -
В желтоглазую ночь позови.
Видишь, гибнет,
Сердце гибнет
В огнедышащей лаве любви.



Нам попугай грозил загадочно
Пальмовой веточкой,
А город пил коктейли пряные,
Пил и ждал новостей.
Вы называли меня умницей,
Милою девочкой,
Но не смогли понять, что шутите
Вы с вулканом страстей.

★〜☆


Ямайским ромом пахнут сумерки
Синие, длинные,
А город каменный по-прежнему
Пьёт и ждёт новостей.
Закат опять окрасил улицу
Красками дивными.
Но грозовые тучи кружатся
Над вулканом страстей.

★〜☆
[PR]
知らなかった...


YAMAHA渋谷店

閉店していたんですね。




正直、
HMV渋谷店が閉店したときよりも大きなショックです!




YAMAHA渋谷店は、
東京に来て、初めて楽譜を買いに行った楽器店でした。


「おぉ~!さすが東京!品数豊富ぅ~!!」

と、
すばらしきカルチャーショックを受けた店でもありました。



それ以来、
楽譜も、文房具店には売っていないような五線譜も、
YAMAHA渋谷店に買いに行っていました。





田舎にいた頃は、

割と近く(…といっても列車で出かける距離)の、
おじいちゃんが店番をしている木造の小さな楽器屋さんへ出向き、

しかし、
当然欲しい品物は置いておらず、

おじいちゃんマスターに発注してもらい、
後日、
取りに行くのがお決まりのお買い物パターンでした。


商品到着日が悪天候なときは、
楽器屋さんに出向いてもまだトラックが到着しておらず、

夏の嵐の日だと、
水羊羹と麦茶を、、、

雪の日には、
おじいちゃんマスター特製!「干しイモのストーブ炙り」とお茶を、、、

…ご馳走になりながら配送トラックを待っていたときもありました。



と、
そんな遠い記憶も思い出してしまいました。





次から次へと、
渋谷から音楽が離れて行ってしまいますね。


そりゃ、
渋谷から楽器屋さん、CDショップが消えたからって、

東京都内には、
まだまだたくさんの“音楽のお店”がたくさんあるわけで、
たった数キロメートル先の違う街に行けば良いだけの話なのですが、

田舎者根性がまだまだ心根に居座っているヤマ☆ネコとしては、
“渋谷”って街は、
いつまでたっても魅惑的な音楽の街であって欲しいのです。


いつの日か、
YAMAHA渋谷店で、
ドドーンとグランドピアノを買うのが密かな夢でした...。



けれども、
これだけネットの普及している世の中です。

街に出向かずとて、欲しいものが手に入る世の中です。

そのおかげで、
ヤマ☆ネコもロシアの音楽をふんだんに聴けるのですから、
有り難いことです。


もう少し、
ヤマ☆ネコが遅く生まれていたならば...
おじいちゃんマスターの干しイモも、
渋谷への憧れも、
知ることのできなかった味なのかもしれません。
[PR]
by mountain-deer | 2011-01-19 13:01 | 雑記…

前回は寒い寒い中央ロシアを紹介しましたので、

今回はもっと日本に近づきましょうか!



a0080915_2584436.jpg


ロシアの極東・沿海地方、日本海に面した…
“Владивосток [Vladivostok]” ヴラヂヴァストーク(ウラジオストク)

です。




新潟空港からわずが90分!



“日本から90分のパリ!”

…なんて謳い文句も目にしたことがあります。


もっと流行ってもいいのにな〜xP




2012年にはウラジオストクのルースキー島でAPEC首脳会議が開催されるため、
街はどんどん整備され、洗練されてきているようです。
(…ヤマ☆ネコ的には哀しい〜)



そして、
ウラジオストクはロシアンポップスの歌詞やらタイトルによく登場する街でもあります!


モスクワっ子からすれば…
遠い遠い地…

東京っ子目線で云えば…
よく演歌の舞台となる「青森」的存在なのかな〜と。




そこで、
ウラジオストクにまつわる歌、第1弾は、

やっぱり!《アーラ様》に決まり★



ウラジオストクの街並に乗せてお聴きください♪



おぉ〜古くさいアレンジ♡
パンチのきいた“ヴラーヂーヴァストク!”です。

パンチがあるのにどこかユル〜くなってしまうのが、アーラ様っぽくて好き☆

でもなぜか何回か聴いているとクセになってしまいます♪



でも、
残念なことにアーラ様本人のビデオクリップやらPVやらが見当たらず...><


曲の詳細もいまいち掴めませんでしたが、
声のカスレ具合から、80年代後半〜90年代前半に発表したのではないか…と、推測されます。


曲調からは、なんだかステキなPVが想像されるのですが…xD





次回の“Vladivostok”もおたのしみに☆
[PR]

東京もめっきり冬真っただ中です。

寒い!


しかし、
ロシアの冬はもっと寒い!

…っと、
云うまでもなくご存知ですよね。




しかし、
ロシアにはモスクワやシベリアのハバロフスクよりも、
はるかに寒い、
驚異の極寒地があるのです。


ヤマ☆ネコは、
ちょいと前に放送していたTV番組で初めて知ったのですが、

人間の定住地で最も寒いところがロシアにはあります。
a0080915_2037151.jpg


ロシアはサハ共和国にある、
“Оймякон” オイミャコン村
がそこです!


コチラの映像が、
その驚異の極寒生活のリポートです!
 ↓↓↓
《★コチラ★1》
《★コチラ★2》
 ↑↑↑

ね!

すごいね!!!


『寒い』って言葉ではなく、
何か新しい強烈な言葉で表現したくなりますね!





しかししかし、
ロシアってのは広いもので、

2014年に冬季オリンピックが開催されるロシアの“Сочи(ソチ)”は、
東京と同じ気候区、
温暖湿潤気候なところもあったりするのです。




ロシアを旅するなら…

冬の極寒の地を体験しに行くか、
夏のバカンスに浸りにいくか、


…迷うところですね〜☆




(映像でも言っていましたが、
そんな極寒のオイミャコンも大陸性気候の影響で夏は30℃を越える日もあるとのこと。
オイミャコンの観測史上最低気温−71.2℃→観測史上最高気温32.6℃
その差、約100℃!
…ってのもすごい事ですね!)
[PR]
by mountain-deer | 2011-01-12 21:27 | 雑記…

a0080915_19382446.jpg
以前、
ソ連をガッツリ、アピールした歌↓

《“Мой адрес Советский Союз” モイ・アードゥリェス・サヴィエーツキィ・サユース
(私の住所はソビエト連邦)》


を、
紹介しましたが、





今回はソ連アピール・ソング★第2弾★



グループ “Ундервуд”の2008年の曲、
“Очень хочется в Советский Союз” オーチン・ホーチェッツァ・・サヴィエーツキィ・サユース
(ソビエト連邦を欲してたまらない)
ザックリ云うと(おぉ、ソビエト連邦よ)

を、
紹介します♪


『私の住所はソビエト連邦』よりは、マイルドな歌かと思います。




映像にちょいちょい出て来るクマちゃんは、
1980年、モスクワ・オリンピックの《“ミーシャ”ちゃん》ですね。

歌詞にソ連の有名なモノが出てきます。




〈歌詞〉…赤字のロシア語をクリックすると、正体がわかります。

В старой коробке из-под конфет
Жили-были герои мультфильмов.
Волк, например, из «Ну, погоди»,
Он мне кричал «Не уходи!»
В телевизоре на чердаке
Жили-были недетские страсти.
Ёжик в тумане на грани весны,
Семнадцать мгновений шпионской напасти…


Очень хочется в Советский Союз,
Очень хочется снова и снова.
Очень хочется в Советский Союз,
Шепнуть Чебурашке на ухо два слова,
Опять и опять.
Очень хочется… Ать!
Улететь на МиГ-25...




В старой коробке из-под конфет
Жили-были молочные зубы,
Хмурые будни холодной войны
И синяя юбочка девочки Любы.
А к отцу приходили друзья –
Сан Саныч и завцехом Куценко,
Они заводили бобинный «Маяк»
И под водку гремела нетленка.

★〜☆

Очень хочется в Советский Союз,
Очень хочется, правда-правда.
Очень хочется в Советский Союз,
Атомный, страшный, большой, коварный,
Опять и опять.
Очень хочется… Ать!
Улететь на МиГ-25...
Улететь на МиГ-25...
Улететь на МиГ-25...




訳すとおもしろそうですね!
時間あるときに訳してみます☆
[PR]
巷では、K-POPが大賑わいのようで♪



…ってことで、

便乗して、K-POPならぬ、NK-POPをご紹介。




曲の詳細は不明です♪…NKですから。



♪〜ヒェッ、ヒェッヒェッホッホホー、ヒェッヒェッホホッ、ホッ♡

↑一度聴いたら忘れられないサビのメロディーと歌詞。



これがNKの最新ヒット曲ならば、
ちょっとだけ好きになってしまいそうです♪


元社会主義国や現社会主義国には魅惑がゴロゴロころがっています。
皮肉なもので…。



この曲と、以前紹介しました、

Marianne Mille の “Le Marchand De The” が、
どこかちょっと被ってしまうヤマ☆ネコです。

   ↓コチラ♪


国境が音楽の素敵なアイデンティティーを作ってくれます。
…これまた皮肉なものです。
[PR]
by mountain-deer | 2011-01-09 02:17 | 音楽

前回もお伝えしました、

《“Миллион алых роз”百万本のバラ》



そして、
アーラ様のライブ版の“Миллион алых роз”百万本のバラをひとまずご覧ください♪


ノリノリです♪


この映像は、
ずいぶん前にヤマ☆ネコブログにも載せたのですが、

この、
ロシアン・ラテンに意外にも共感してくれたのが、
ヤマ☆ネコ所属のインスト・バンド、《N'est-ce pas?=ネスパ=》のドラマーさんでした♪


そして、
そんなロシア好きなヤマ☆ネコのために曲の構成を一曲あげてきてくれたのです!

こりゃ嬉しいねぇ〜!




そして、ヤマ☆ネコがメロディーやらピアノパートをつくることになったのですが、
この映像の雰囲気も盛り込み、
せっかくなのでロシアのカーニバルな雰囲気も挟み込もう!

ってことで、出来た曲が、



“Leningrad”レニングラードなんです♪

曲の試聴は→《コチラ♪》N'est-ce pas?=ネスパ=Myspace…でどうぞ!


百万本のバラをちょっぴりパロディって、
歌い・踊る人々を思って、
ピアノのソロ部分は打ち放たれる大砲・花火を思って…

そんな感じを思い描いてみました★





よかったら聴いてみてくださいね!

(ヘッドホンで大音量で聴くといいですよ♪…ごまかせるから
[PR]