<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きょうは旧ソ連、
ウズベキスタン・ソングです。




曲は、
Наталья Нурмухамедова(ナターリヤ・ヌルムハメドヴァ)さんで、

“Улицы Ташкента” ウーリッツィ・タシケンタ(タシケントの通り)1986年。



いたって普通の80年代の歌謡曲ですが、

以前、《ウズベキスタンでも恋のバカンス…》を書きましたが、
この曲も、どことなく中央アジア独特の雰囲気漂う曲です♪




タシケント(ウズベキスタンの首都)の街並も素敵ですね〜☆


☆消えてしまったので、《コチラ》からご覧ください!
[PR]

《かなり前》に書きました、


ドイツの作曲家、ハインリッヒ・リヒナーのピアノ曲『勿忘草(忘れな草)』


今回は音付きです♪






物憂い旋律、シンプルな伴奏…



亡くしてしまった人の肉声は二度と聞けません。

どうしても聞きたくなったなら、
物音のしない場所で、その人の顔を思い浮かべ、
海馬あたりから引き出し、鼓膜の奥で聴かなければなりません。



“勿忘草”を掲げる曲は数多くありますが、

川に流されてしまった少年の、
その少年に二度と会えぬ少女の、

…それぞれの想いがしたためられた曲は、

または、
“勿忘草”という花、または言葉にマッチした曲は、

“リヒナーの「勿忘草」”しかない!

と、
断言してしまうほど、ヤマ☆ネコの好きな曲です。



ですので、
ヤマ☆ネコのなかで、“勿忘草”は非常にデリケートな単語のひとつになっています。




[PR]
by mountain-deer | 2011-02-20 03:24 | 音楽

ちょいちょい紹介しております、

ロシアのトムとジェリー的カトゥーン “Ну, погоди!” (ヌ・パガヂ!)



今回は、
そのオープニングテーマ曲を抜粋して紹介します。

と、いっても、
何度か本編を載せていますので、改めて紹介っというのもなんなんですが…xD

★音量にご注意を★


軽快でコミカルで、
しかもよく聴くと、ちょっぴりエキセントリックでかっこいいメロディーです♪




そして本題!

このテーマソングの
素敵な Jazz アレンジバージョンがありましたのでお聴きください♪

(音質はあまり良好ではないです…)


可愛くてカッコいいアレンジです☆




=過去に紹介した“Ну, погоди!” の本編=

★遊園地篇★
☆スーパーマーケット篇☆
★サーカス篇★
☆船の旅篇☆
★うさぎロボット篇★
☆モスクワの街篇☆(アメリカン・カトゥーンとの対決もあり!)


どれも見応えたっぷりの傑作ばかり!
ロシアぁ〜な渋い挿入歌も魅力的です!
[PR]

宵の口に突如降りだした雨が、
雪に変わり、

東京にもようやく雪が積もってきました☆
a0080915_23121844.jpg


嬉しいね〜!

ヤマ☆ネコ、雪大好きだ♪





ということで、

《以前》も紹介しましたロシアの心躍る雪の歌、

“Ой, снег, *снежок” オィ・スニェーク・スニジョーク(あぁ、雪よ、*小雪さん)

を、
再度ご紹介!



今回は最新バージョンです♪

といっても、
ロシア〜な雰囲気たっぷりのアレンジですよ。



ヤマ☆ネコの心の中はこんな感じになっています♪



…ってなわけで、
雪の東京真夜中お散歩ツアー(ひとり)に行ってきます〜!




*снежок = 雪(снег) の愛称、または、「雪合戦」とも訳せるそうですので、『あぁ、雪よ、雪合戦』と言ってもいいかもしれません。
[PR]
きょうはロシアンソングではなく、

ロシアのクラシックの名曲を紹介します♪





ご存知の方もたくさん居られるかと思われますが、


“Георгий Свиридов” ゲオルギー・スヴィリードフ (1915-1998年)作曲の管弦楽曲、

“Время, вперёд!” ブリェーミャ・フピリョートゥ!(時よ前進!)(1965年)です♪


音量にご注意を♪


興奮と好奇心を髄脳の奥底から誘発させる雄々しい曲です。


ヤマ☆ネコ的には、
ピアノ線たちの金属音が何より心を高揚させます!
[PR]

ロシアン・ポップの歌詞で必ずと言っていいほどに登場する単語、

“Сердце” スィェールツェ


訳して、『心』です。



まぁ、
ロシアン・ポップに限らず、
世界中の歌詞に登場しますよね!



ということで、
きょうはそのまま、

“Сердце” スィェールツェ(心)

という曲をお送りします♪



今回の “Сердце” は、Love な “Сердце” です♡



甘〜い曲です♪
甘〜い曲ですが、切ないAメロがロシア風。



モスクワ郊外の恋の物語りなんでしょうか??


最新技術を駆使したクリップもいいけど、
低予算(きっと)でシンプルなクリップもなかなかオツなものです☆
[PR]
きょうはロシアンソングではなく、


ウクライナの女性ユニット、《Flëur》の曲を紹介します。



パワフルに歌い上げるではなく、
フレンチ・ポップのような、
囁きかけるかのように少々コケティッシュな歌い方が印象的です♪




曲は、

“Русская Рулетка” ルースカヤ・ルリェートゥカ(ロシアン・ルーレット)

です。(2003年)



ヨーロッパとロシアの狭間感が味わえる名曲かと思います☆




=歌詞=

Сквозь тревожные сумерки - дым сигарет
Отражается в зеркале нервное пламя свечи
Я сижу за столом, на столе – пистолет
Я играю в игру для сильных мужчин


Я смеюсь над собой – я рисую усы
Ты не знаешь – какая я, наверняка
Я – энергия взрыва, я – эхо грозы
Я пока не опасна, но только пока…

Ты еще не знаешь: насколько всё это будет всерьез
У меня осталось два часа до рассвета и еще один нерешенный вопрос:


Кто мы?..
Незнакомцы из разных миров…
Или, может быть мы - случайные жертвы стихийных порывов?
Знаешь, как это сложно – нажать на курок
Этот мир так хорош за секунду до взрыва…



Ты вчера невзначай потерял свою тень
И сегодня не ты, а она гостит у меня
Мы чуть-чуть поиграем здесь, в темноте –
Пистолет, я и тень…попытайся понять

Я, увы, не знаю насколько все это было всерьез
Твоя тень, к сожаленью, не может ответить мне на этот несложный вопрос…

★〜☆


Мы накажем друг друга высшей мерой отчаянья
для того, чтоб из памяти этот вечер изъять…
Здесь одна только пуля…Не огорчайся, -
я кручу барабан и эта пуля – моя…

И теперь мне точно известно: насколько всё это всерьез
потому, что молчанье – ведь, это тоже ответ на мой нелепый вопрос:

★〜☆
[PR]